栄養ドリンク剤どこが違う?目的別の選び方とは?

口コミ脳内雑記帳

プロフィール

口コミ

管理人:謎の業界人johnnykovich

実は、こちらのサイトは、伏木明様ご提供のテンプレートにて作られております。

謹んで、伏木様の商材をご紹介します

さらに、オススメの英語教材です

Sponsored Link

栄養ドリンク剤どこが違う?目的別の選び方とは?

疲れた時に頼りたくなるのが「栄養ドリンク」。

しかし、色んな種類・価格のものがあってどれがいいのか迷う…

高い方が効きそうな気もするし…

でも、値段にとらわれない選び方がちゃんとあるんですよ。

まず、どうしてあんな価格差があるのか?

栄養ドリンクの代名詞的存在ユンケルで比べると、

ファンテユンケル3B」は一本158円なのに対して

ユンケルスター」は一本4078円!26倍!

実は、安い方の成分はビタミンB群など、大量生産ができる物質。

高い方は、漢方薬同様貴重な生薬が主成分。だから高いんです。

でも、高い方がいいのかと言うとそうでもなく、

目的や体調に合わせて選び方があるんですよ。

  • 体の疲労を取りたい時には

    ファンテユンケル3B」「タフマン」など、

    ビタミンB群を配合しているものを。


  • ストレスが溜まった、飲み過ぎたという時には

    チオビタドリンク」などタウリンや、

    グロンサンG」「新グロモント」などグルクロノラクトンを配合しているものを。


  • 風邪をひいた時など免疫力が落ちている時は

    ユンケル皇帝D」や「ゼナ」など

       牛黄人参といった生薬を配合しているものを。


  • なんでもやみくもに飲めばいいってもんじゃないそうで。

    ちなみに、

    漢方薬などの生薬は吸収が遅く、ゆっくりしか効きませんが、

    ユンケルスター」などはエキスを濃縮しているので

    吸収が早くて即効性があるんだとか。

    高いのには理由があるんですな。

    (Iさん談)




      

    Sponsored Link
    人気ブログランキングへ

    検索

    最近の記事

    サブコンテンツ

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。