英語耳を作る!?パロッツ・ローにはジョン・レノンがオススメ!

口コミ脳内雑記帳

プロフィール

口コミ

管理人:謎の業界人johnnykovich

実は、こちらのサイトは、伏木明様ご提供のテンプレートにて作られております。

謹んで、伏木様の商材をご紹介します

さらに、オススメの英語教材です

Sponsored Link

英語耳を作る!?パロッツ・ローにはジョン・レノンがオススメ!

Parrot's Low(パロッツ・ロウ)ってご存知ですか?

直訳すると「オウム(鸚鵡)の方法

英語耳」の松澤善好さんが提唱する英語学習法なんですが、

「オウムが人の言葉を覚えるためには、

 最初は2000回聞かせなければならないが、

 次の言葉は200回で覚えられる」ことを人間にあてはめて

一つの英語の塊を繰り返し聞くことで、

次の英語覚えやすくしちゃおうという方法。

で、松澤さんは「最初の英語」として、

ネイティブが歌う歌を繰り返し聞けと

好きな歌ならなんでもいい、と仰ってます。

さて、私が選んだのは…好きな英語の歌ということで…

これです!

ジョン・レノンの「レノン・レジェンド

中でも

  • (Just Like)Starting Over


  • Power To The People


  • Happy Xmas(War Is Over)


  • Stand By Me


  • が、私のお気に入り。

    これらを繰り返し聞いて歌って英語口を作るのだ!

    (ちなみに、Stand By Meは

     学生時代練習したことがあるので今回はパス)

    ところが、これがテンポが速くて難しい

    最初エコーがキツイなと思ってたら、

    似たような音が繰り返されてるだけだったり…

    (Starting Over“It's been too long since we took the time…”)

    しかし、絶対sinceとかtheとか発音してないだろ、ジョン

    とまあ、なんとか

    それぞれ300回(松澤さんが提唱する回数)完了。

    今では、カラオケで私の十八番となっとります。

    上記の歌では難しいという人は、

  • Imagine


  • Mother


  • Woman


  • が、オススメ。

    これらはテンポもゆっくりだし、

    単語も少ないので聞き取りやすいですよ。

    さて、もっと優しいParrot's Low(パロッツ・ロー)の教材もあります

    (Eさん談)
    Sponsored Link
    人気ブログランキングへ

    検索

    最近の記事

    サブコンテンツ

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。